私の店のこれが一番

『精宝堂』 ~私の店のこれが一番 第48回~


皆さま、こんにちは!

梅雨のこの時季、いかがお過ごしですか?

今回ご紹介する~私の店のこれが一番 第48回~は、時計・宝石とたばこの『精宝堂』さんです。

『精宝堂』さんは、昭和10年創業の時計・宝石・タバコ・喫煙具を販売・修理する老舗です。

017

こちらのお店の一番は、「修理」ができるお店であるということ。

天まちサロンにもしばしば「時計の修理をしてくれるところはありませんか?」という問い合わせがあります。

天文館という地区で修理ができる技術を持っているお店は少なくなってきており、とてもニーズが高いといえます。

2代目の山下 吉彦社長は、「昔の時計屋は、まずは修理技術を習得することが一番であり、その後に販売ができるようになるものだった。時計は必ずアフターケアが必要になるものだからね」と技術の大切さを話しておられました。

取材中も、ひっきりなしにお客様が時計について尋ねに来られ、忙しそうにされておりました。

「時計は振動である」という言葉を教えて下さり、その礎となっている時計を見せて頂きました。

1つは昭和10年以前に製造された西郷隆盛が所持していたものと同じ型の時計(改良が加えられていますが)、2つ目は歌にもある「おじいさんの古時計」の昭和8年ドイツ製のチクタクチクタク古時計です。今の時価総額は、とても高いそうです。どちらも家宝として大切にされていました。古き良き時代の時計を見せて頂き、感動しました。

013 014

 取材中に、お母様の形見を失くされたという一人の女性が訪れ、ゴールドのネックレスを購入していました。

お店の前を通るたび、形見に似ているネックレスを買いたいなと思っていたそうです。「質の良いものに出会えた」と、念願が叶った瞬間に立ち会うことができて、とてもうれしい気持ちになりました。もちろん、宝石の修理もできるとのことで、その点も喜んでおられました。

023 020

また、たばこの銘柄も350種類以上取り揃えており、流行の手巻きたばこも人気が高いそうです。

021

お店には、博学でたくさんの知識をお持ちでいらっしゃる社長さんと、優しくて笑顔の素敵な奥様がいらっしゃいます。

取材中、社長さんとの会話があまりに興味深くおもしろくて、あっという間に時間が経ってしまいました。

山下社長さんは「これから若い人たちには、もっと「技術」の大切さやそれを理解する力というものを考え、培ってもらいたい」と話しておられました。

お二人の人柄があふれた素敵なお店でした。

 

 

 

 

 

『精宝堂』

住所    鹿児島市東千石町10-10

電話    099-223-3322

営業時間 10:00~19:00

定休日  不定休(毎月いずれかの火曜日)

 

 

 

 

2015-06-26 | Posted in 私の店のこれが一番Comments Closed